FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
にほんブログ村

トヨタホーム(一戸建) ブログランキングへ

FC2 ブログランキング


トラブル『屋根が和風に??』

『トラブル 東日本大震災の影響』にも記載しましたが、来海(くるみ) 邸の屋根の葺材の仕様は、東日本大震災の影響により、多少変更となっておりました。

その影響だったのでしょうか。。
なんと、出来上がった屋根のデザインが当初の予定とは違ったものになってしまっていました!
スッキリとした洋風デザインが、何とな~く純日本風な和風デザイン・・・。


据付工事の時に、屋根まで形作られた訳ですが、
その時にはまだ屋根の葺材は乗せられていませんでした。
そして、据付工事後は、家の周りに足場が組まれ、全体をぐるりと布で覆われてしまっていたので、その後、屋根の葺材が設置された後も、デザインが違う事に全く気が付かなかったのです。
suetukego1_2015072517322122c.jpg
(こんな感じでした↑)

屋根や外壁工事が完了し、足場と覆われていた布が撤去された後、屋根のデザイン違いに最初に気が付いたのは、旦那さんでした。
さすが几帳面な旦那さん!細かい所までよく気が付きます。(笑)
「何か、屋根のデザイン違う気がするんだけど。。」
「え~?そう?あんな感じじゃなかった?」
大雑把な来海(くるみ)には、初めは違いがわかりませんでした。(笑)

デザイン画と見比べてやっとわかりました!
「破風カバー」がされていなかったのです。

yane2.jpg
(破風カバーなし↑)

yane1.jpg
(破風カバーあり↑)

違いが分かりますでしょうか?
破風カバーがある時は、すっきりとモダンな印象となり、破風カバーがなしの時は、伝統的な和風な印象となっています。

「どうする?屋根の葺材が設置されてから、ちょっと日にちが経っちゃってるけど。。。」
「そうだね。足場ももうないしね・・・直すの大変そうだね・・・」

来海(くるみ)と旦那さんは、ちょっと悩みましたが、
でもやっぱりこの先ずっと長く住み続けるマイホームです。妥協はしたくありません。
営業さんと設計さんにこの事実を告げて、直していただくようにお願いしました。

そして、10日程で、無事に元のデザインどおりのモダンな屋根が完成しました!
マメに建築現場に足を運んで、細かく仕様をチェックする事はとても大切ですね!!

関連記事
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
にほんブログ村

トヨタホーム(一戸建) ブログランキングへ

FC2 ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。