FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
にほんブログ村

トヨタホーム(一戸建) ブログランキングへ

FC2 ブログランキング


施主点検

据付(すえつけ)工事から、二週間後。

コンセントやスイッチなどの設置位置確認『施主点検』がありました!


据付工事完了後、玄関から少しだけ覗いただけの来海(くるみ)邸
このニ週間で、内装工事はどれくらい進んでいるのだろう、と興味津々で『施主点検』に臨みました!



当日は朝10時に、
営業さん・設計さん・現場監督さん、そして現場の大工さん(?)が来海(くるみ)邸に来ていてました。

スリッパに履き替えて、来海(くるみ)邸の中に足を踏み入れると、
中はまだ雑然としていたので、足の踏み場に気を付けながら歩きました。


sesyutennkenn1.jpg
(内装工事の材料や用具で雑然としたキッチンの様子 ↑ )


『こちらが、来海(くるみ)様邸の最終図面です。』
設計さんに図面を手渡され、1階から順番に、電気や換気扇のスイッチ・コンセントの位置確認をする作業が始まりました。

LDK(リビング・キッチン・ダイニング)だけで、
コンセントが、15個。
電気のスイッチが、13個。。
電動シャッターのスイッチ・床暖房のスイッチ・ラロック(電気錠)の室内操作盤などなど。。。


確認箇所が膨大にありました!!(泣)



そんな訳で(?)、
来海(くるみ)は、確認用図面を旦那さんに手渡し、

『こちらが○○のスイッチになります。』
と、細かく説明してくださる現場監督さんのお相手は、ほぼ旦那さんにお任せ~(笑)。



sesyutennkenn2.jpg
(情報コンセント スタンダード映像D ↑ )



sesyutennkenn3.jpg
(エアリーガードの電動シャッターのスイッチ(左)と電気のスイッチ(右)↑ )



電気のスイッチやモニターの取付位置などは、
使い勝手や見栄えを考えて、設計の段階から色々考えてはいました。

特に、リビングの入り口の箇所は、スイッチやモニターが集中しますので、
後で後悔のないように、設計さんインテリアコーディネーターさんと念入りに話し合いをしていました。


sesyutennkenn7.jpg
(打合せの時に、設計さんに記載してもらった配置図↑)



それ故、
スイッチやモニタの配置に関しては、全く問題ありませんでした~。
(まぁ、でも実際に暮らし始めたら、色々と不具合も出るのかもですけれど。。。)


敢えて、気になった点を挙げるならば、
『電気スイッチの高さ』でしょうか。。。


トヨタホームの標準スイッチの取付高さは「1050mm」なのですが、
今住んでいる賃貸アパートのスイッチの高さが「1250mm」の為、
スイッチ位置がかなり低く感じた事です。


でも、背の低い子供さんや車椅子の方などバリアフリーの観点から、
標準の高さを敢えて「1050mm」にしています、という設計さんの言葉になるほど~と納得。

暮らしていくうちに、慣れるでしょうね~。


1階、2階、洗面室やトイレ等全てのスイッチ・コンセント・点検口等の確認を終えたのは、12時頃。
2時間程かかりました。







・・・余談ですが、
施主点検とは、全く関係なく、
現場の大工さんに面白いものを見せて頂きました~。

『床暖房』の本体☆



sesyutennkenn4.jpg
(これからフローリングの下に埋め込まれる床暖房↑)


『なかなか見られないですよ~』
と、大工さんがダンボールをペラッとめくって、見せてくれました!

今後、フローリングの床下に埋め込まれたら、目にすることはないでしょうから、
本当になかなか貴重な光景です~。





そして、
来海(くるみ)邸の外に出ると、
一週間前は、家の前に山積みになっていた『瓦』
屋根に積まれていました!



そして、『太陽光発電』も配置されていました!!



sesyutennkenn5.jpg
(SHARP製の太陽光発電 ↑ )


東京電力との売電関連の書類にもサインして、
『施主点検』は無事に終了!



太陽光発電の発電についても、今後楽しみです☆☆



関連記事
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
にほんブログ村

トヨタホーム(一戸建) ブログランキングへ

FC2 ブログランキング


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。